酸性染料


補足事項
  1. 絹・羊毛等の動物由来の繊維、ナイロン繊維を染める染料で、一番染色方法が簡単です。
  2. 国内外を問わず、染料を製造しているメーカーの染料は取扱い可能です。
    例外として、各小売店オリジナルの染料は三木染料店では取り扱っておりません。
  3. 製造会社によって、染料名の頭の文字列(冠称名)が違いますが同じ染色方法でも問題ありません。

酸性染料
特徴 絹、羊毛、ナイロンを染める染料で、染色方法が簡単なタイプです。
冠称名
  • スミノール
    テロン

  • カヤノール
    ソーラ

  • アンスラセン

染められる素材 絹、羊毛、ナイロン、皮革
入目(内容量) 1kg、500g、100g、50g、10g
※ 1kg以上の大入りの販売も可能です。
使用できる染色技法 浸染
引染め、手描き染め、型染め、筒描き、捺染、ローケツ染め、絞り染め
色合い 鮮やかな色合いが多いです。
関連ページ
酸性染料の色見本へ移動 染色用の生地・縫製品へ移動
▲ このページの上部へ

▼ 酸性染料の浸染
染める素材を染料を溶かした水の中に入れて沸騰させて染める染色方法

染色方法 染料・助剤を溶かした水の中に、染める素材を入れて沸騰状態で染料を定着させます。
染められる素材 絹、羊毛、ナイロン
※ 皮革は染色手順が特殊になります。
染料の使用量 大まかに染める
染料10gでハンカチ約 8枚(約200gの素材)を濃いはっきりとした色合いに染められます。
薄いと思われた場合は、染料を追加して染め直すと濃くなります。
濃色合いを、薄くする事は無理です。
色合いにこだわる場合/再現性を求めて染める
染める素材の重さに対して、下記の割合で使用する染料を調整します。
淡色 中間色 濃色
1%o.w.f以下 1〜3%o.w.f 3〜5%o.w.f

色の再現性を求める場合は、染める素材の重さに対して使用した染料の量の割合を記録します。
※ 繊維の種類、織りの状態によっても色合いの濃淡の変化がおこります。
染色の注意事項
  • ムラ染め防止のため、染める素材がゆったり浸かるぐらいの火にかけられる容器で染めてください。
  • ムラ染め防止のため、染色中は染める素材を時々動かして染めてください。
  • 必ず、沸騰状態で染めてください。染色浴の温度が低いと色落ちの原因になります。
染色に必要な材料
材料名 用途・役割 販売内容量
酸性染料 1kg、500g、100g、50g、10g
※ 1kg以上の販売も可能です。
酢酸(濃度:90%) 染料の吸収を促進させる。 20kg、1.8kg、1kg、500g、200kg
アゾリン 200% ムラ染め防止剤・均染剤 18kg、1.8kg、1kg、500g、100g
シルクフィックス3A 絹用の色止め剤 20kg、1.9kg、1kg、500g、100g
ウールフィックス 羊毛用の色止め剤。簡易タイプです。
業務用の高品質タイプは、スパシドールFW(20kg入り)をお勧めします。
20kg、1.9kg、1kg、500g、100g
使用例
絹糸100gを濃い色合いに染める場合
水の量 約5L
(5 L以上使用しても問題ありません。)
染料 5g
酢酸(濃度:90%) 3cc アゾリン 200% 5〜10cc
シルクフィックス3A 25cc
染色に必要な道具類
名称 用途
必ず必要な道具 コンロ 沸騰状態で染める必要があるため
鍋・ボウルなど 火にかけられる容器で、染める素材がゆったり浸かるぐらいの容器を準備します。
ガラス棒・菜ばし・トングなど 染色中は、ムラ染め防止のため時々染める素材を動かす必要があります。
小さめの容器 染料、粉末の助剤を溶かすため
量り 使用する染料を量ります。家庭用の量りでかまいません。
精度の高いタイプは、取り扱っております。
あると便利な道具 手袋、泡だて器、 ステンレス染色平カギ温度計
色の再現性が必要な場合 メスシリンダーメスピペット
▲ このページの上部へ